FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東寿園の特養建て替えプロジェクト~国際福祉機器展見学 その2 ⑪~

 次に関心があったのがトイレです。特に今回希望したのがトイレの蓋と背もたれ,さらには壁から少し離してあるタイプが介護しやすいという項目でした。予想通りすべてを満たすトイレはありません。かの有名Tメーカーも大きなブースと派手な呼び込みをしていました。それでも各社工夫されています。良かったのはかなり狭く設計しても手洗いや汚物流しまでセットしてこれくらいという広さ。また給排水口を床でなく壁にして掃除しやすくした物。寄りかかる前側のテーブル(ファンレストテーブル)が前後と上下に動くタイプ。流したとき詰まりやすい場所を研究して簡単に解消できるメンテナンスしやすいタイプなど。驚いたのは水洗のポータブルトイレですね。これも給排水口さえあればホースのようなものでつないでどこでも使用できます。ウォシュレット付きです。しかし,はたして現実的な物でしょうか。なんとなく普及しないように思います。また純粋ポータブルトイレでもウォシュレット対応がありましたね。まだまだトイレには改良の余地があります。
 ちなみに洗面等水回りも見学しました。各社有名住宅メーカーが展示しています。キッチン周りのセットも高齢者や障害者が使用しやすく改良されています。深さや足の入るスペース,さらには高さなどに工夫が見られます。椅子で使用するシャワーなどもおもしろいですね。いずれにしても使用する人の感想や意見が生かされているのでしょうか。いくら良くてもお値段も重要です。
 ある業者の方が言われていました。「その昔,研究して体に負担の少ない車いすを開発したことがありますが,売れなかったです。やはり値段が高かったので・・・」と。たとえ良い物が出来ても商品化され生き残るためには販売価格も重要です。何しろ車いすは簡単で軽いタイプがよく売れます。もちろん安全性が大事ですが数が出ないと安くは売れません。壊れたときのメンテナンスも必要で部品が簡単に入ってくるようでないといけません。難しいですね。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。