スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いい話」

これは私にとってのいい話。どこの誰かは知らないけれど私はすごくいい人に出会いました。先日子どもを病院へ連れて行った日の出来事。右手に白杖、左に子どもを抱えて受付に。「次の人どうぞ」と少し離れたところから呼ぶ声、見えない私は誰を呼んでいるのかわからないけれど何度も呼ぶ声に私が呼ばれているのだとやっと気づく。ちょっとマイナス気分。続いて行った窓口で、体温計を渡されるのをなんとか手さぐりで受け取る。続いて受けた言葉が「あとそこの問診票書いてくださいね」…そこってどこ、どうやって書く…これまではたいてい「問診票あとで聞きに行くね」と言ってもらえていたのでかなりのショック。まあ白杖持ってても気づかない人はいるし…、どうせ体温計の数値も見てもらわないといけないんだからと気持ちを落ち着ける。だがこの日はやけに人が多く空いてる席もわからない。窓口前で耳に集中する私。その時杖を持つ手をそっとつかむ手。とても優しい感触、そして「ここが空いてますよ」という優しい声と導く手。その自然な行動と声に私はすごく救われて暖かい気持ちに。それまでのマイナス気分もすっかりかき消されるあったかいものをもらった。どこの誰かはしらない人、もちろん病気の子どもを連れておられた人、それでも自然に向けられた私への優しさ。すごく素敵な人でした。そういう人、気づける人になりたいもの。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。