スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「予防接種の不思議」

不思議というよりは悩まされることといった方が確かかもしれない。先日インフルエンザの予防接種を受けた。左の大きな二の腕である。ちなみに私、駐車針を射すのはいつも左手と決めている。採血する時も点滴する時もだ。想像するだけでなぜか右手だと痛くて痛くて…。左手だと痛くないというわけでは決してないのだけれど。どこか気分が違うのだ。不思議。
さてさてそんな感じで左手に受けたインフルエンザ予防接種は案の定痛かったわけではあるが、そのあとである。いつもながら悩む。揉むんだか揉まないんだか???結局尋ねると「軽く揉んでください」とのこと。きっと次に受ける時も同じことを聞いてるんだろうなぁと今すでに思う。それはただ私が物忘れがひどいというだけの理由ではないのだ。実は同時期に違う医療機関で受けた家族がいる。すると一人は「しっかり3分ぐらい揉んでください」と言われている。そしてもう一人は「揉んではいけません!」というのだ。三人三様の結果なのである。いったい何が正しくて何が違うのか、それとも性別や年齢、まさかの体重などで違う?!わけはないだろうし。不思議である。接種後特に変わりはないが。効き目には期待したいもの。なんにせよこれで今年の冬もインフルエンザにかかることなく過ごしたいものだ。記憶の中ではいまだかかったことがないのだけれど。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。