FC2ブログ

「チュルチュル」

雪道を歩くのは怖い。雪道はまだいい。溶けかけて凍ってを繰り返している氷道が怖い。しかも坂道。しかも下り坂。つい昨日もこの道にドキドキ。尻餅をつくことはなんとか免れて一安心。一呼吸つく私の隣で手をつないでいたわが子は「チュルチュル~♪」なんて具合にメロディつけて喜ぶ始末。そもそもにして私はスキーもスケートも大の苦手だからして楽しくもなんともない。子どもの頃はそれでも楽しかったかも?と考えなくもないが、この道をまた通らなければ家に帰れないと思えばそれどころではない。たとえ滑って転んでも大笑いで楽しむ子どもたち。なんと無邪気なことだろう。はてさてこの無邪気さを私はどこへ落としてきたのだろう。
スポンサーサイト
Category: 未分類