FC2ブログ

ああ人事考課制度!

 私たちの法人には人事考課制度があります。導入したのが平成14年度ですから,もうすでに7年目に入ろうとしています。「個人別実行計画書」の目標に基づいて,仕事し 自己評価+係長評価+管理者評価=三者評価→賞与→昇級 といった流れです。6年以上も続けていると当初同じ給与だった人も大きく違ってきているのが実態です。さあ,この制度は根付いたのでしょうか?
 実は「アエラ」を見ていたらトヨタが1989年「ピラミッド型組織」を解体して「フラット型組織」に移行したが,どうもコミュニケーションがとれなくなってきたので新しくグループ長を中心とした「小集団化組織」へ移ろうとしている記事がありました。
 私たちの組織はフラット型からピラミッド型になろうとしています。
 メリットは○責任の所在が明確になる ○職員管理がしやすい等ありますが,
 デメリットは○一人ひとりの意見が反映されにくい ○意志決定に時間がかかる ○個々が育たない 等考えられます。
 どちらがよいのかどうかわかりませんが,この評価制度による人事考課制度はピラミッド型を助長してゆくものです。ただし,評価シートはこれまで何度も改訂を加えて来ています。それはどうもその都度してゆくもののようで定まることはありません。
 おそらく今後も変更してゆくでしょう。現実的に小集団のピラミッド型になろうとしています。
 保育所含め同じ評価シートで評価することは困難をきわめますが,単純な方がよいですし,一番重要なことは自己評価です。これさえ納得できれば継続可能な制度と思います。それにしても目標の持てない人が増えているのが世の中ではないでしょうか?
スポンサーサイト
Category: 未分類