FC2ブログ

ああタイガーマスク

 もう一度だけプロレス話を書きます。その昔,新宿西口にある駅の中の有名な交番前で友人と待ち合わせをしました。すると大勢の人混みの中で待っている大男がいます。当時新日本プロレスのリングに上がっていた「戦うモンゴリアン キラーカーン」でした。日本人でありながら弁髪のモンゴリアンカットにして,大型ファイターとしてプレーしていました。現在はちゃんこ屋のご主人のようですが・・・大きな体にセカンドバッグがあまりに小さく見えたのが印象的でした。とても近づいて握手してもらえるような雰囲気ではありませんでした。
 当時反対に小さくて有名だったのが「タイガーマスク」です。ご存じアニメーションの世界から飛び出したキャラクターで,アニメでは伊達直人扮するタイガーマスクが日本プロレスのマットで虎の穴の使者と戦いながら,出身の恵まれない子どもたちの生活する「ちびっ子ハウス」のみんなの夢と希望を背負って生きているという人情ものでした。実際のレスラーは佐山サトル扮するタイガーで「四次元殺法」を操り,人気を博しました。現在はタイガーマスクも三沢光治から金本浩二と代替わりし,4代目タイガーが活躍しています。佐山サトルは今のジュニアヘビー級という少し軽いクラスをおもしろくした立役者です。忘れてならないのは,その当時テレビの実況中継をして有名になったのが今の報道ステーションのキャスター古館伊知郎でした。
 お年寄りが力道山やジャイアント馬場を語るように私たちも語るプロレスラーがいます。
スポンサーサイト



Category: 未分類